NEWS

release

02年03月14日

【報道発表】P2P Conference in JAPAN 2002 Spring 開催決定





































































































  報道関係者各位  
  2002年3月14日

株式会社スカイリー・ネットワークス
 
   

P2P Conference in JAPAN 2002 Spring

Jnutella Workshop 同時開催

2002年4月11日(木)

セルリアンタワー東急ホテル


 
   
   次世代 P2P(Peer to Peer ピアツーピア)無線ネットワークの製品開発を手掛ける株式会社スカイリー・ネットワークス(本社:東京都品川区、代表取締役:梅田 英和、TEL 03-5769-8822 http://www.skyley.com/ )は2002年4月11日にセルリアンタワー東急ホテル大宴会場において『P2P Conference in JAPAN 2002 Spring』を開催することを本日発表しました。本カンファレンスはGMO総合研究所株式会社及びP2Pコミュニティ「Jnutella.org(ジュヌーテラ)」との共催になります。



 スカイリー・ネットワークスは昨年11月に無線ネットワーク上での新方式プロトコル「DECENTRA
for Bluetooth」をリリースするなど、ワイヤレスP2Pを可能にする「マルチホップ型無線ネットワーク技術」の研究成果を基盤に、次世代P2P無線ネットワークの製品開発を手掛けています。



ネットワークのブロードバンド化、常時接続化にともない、P2Pという文字や言葉に触れる機会も昨今増えてきています。P2P技術が既に利用されている米国ではNapsterから始まる一連のP2P騒動も一段落し、現在はグループウェアやコンテンツ配信など、第2世代ともいうべきP2Pテクノロジーが広がりつつあります。また日本でもコンテンツ配信、検索、プラットフォーム、ワイヤレスなどの分野で次々と製品が発表され、P2Pは実際にビジネスを行う段階に移行してきています。



この流れを受け、日本でもP2Pカンファレンスを開催する運びになりました。本カンファレンスでは、まだ認知度の低いP2Pビジネス、業界、技術を一望に見渡せるプログラムを用意し、新しいビジネスモデルとなりうるP2P関連ビジネスの「いま」を幅広く紹介していくと共に、日本を代表するP2PコミュニティJnutellaのワークショップも併催し、P2P関連の技術者や研究者の活発な討論の場を提供します。



本カンファレンスは有料となり、申し込みは専用サイト(http://www.p2pconf.com/)で受け付けています。入場料は事前申し込みで15,000円(当日17,000円)、学生は5,000円、レセプション参加費は3,000円となっております。
 
   
■本件に関する報道関係の方のお問合せ先



株式会社ザックデジタルネットワークス 担当:荒木/坂田

TEL.03-5474-8678 FAX.03-5474-8651

Mail:araki@zdn.co.jp/sakata@zdn.co.jp

 
   
 













■開催概要
 
http://www.p2pconf.com/


























会期: 会期:2002年4月11日(木)
会場: セルリアンタワー東急ホテル大宴会場 セルリアンタワーボールルーム(渋谷駅2分)
開催時間: 13:00?18:20(18:30?20:00 レセプション 同ホテル朝霧にて)
主催: P2P Conference in JAPAN 実行委員会

(GMO総合研究所株式会社、Jnutella.org、株式会社スカイリー・ネットワークス)
後援:

IEEE Japan Council、韓国P2P協会、ソフトバンク・メディア・アンド・マーケティング、日本インターネットプロバイダー協会 他数社予定

入場料: 15,000円(当日17,000円) 学生5,000円 レセプション参加費(3,000円)


 
   
 










■P2P Conference プログラム
 



































オープニングスピーチ
基調講演 情報社会の展望とP2Pへの期待 国際大学グローバル・コミュニケーションセンター所長/

GMO総合研究所顧問
公文 俊平
P2Pアプリケーションの現状 GMO総合研究所所長 新谷 隆
韓国のP2P事情 ワイズピア社 副社長 チョン・ヒョン・ソン
P2Pを使ったWebサービスプラットフォーム

- The Mind Electric GAIA
株式会社タスカ

ゼネラル・マネージャー

ビジネス・ディベロップメント
木村 和之
ワイヤレスとP2Pが生み出す新たなサービスの可能性 株式会社スカイリー・ネットワークス

代表取締役社長
梅田英和
タイトル未定 交渉中 交渉中


 
   
 










■Jnutella Workshop プログラム
 



























P2Pの理念、SIONetの全貌およびデモンストレーション NTT未来ネット研究所

主幹研究員/工学博士
星合 隆成
ワイヤレスP2Pと地域情報の配信システム 創価大学 大学院 小出 俊夫
通信と放送が融合したら何が起こるか 日本MMO 代表 松田 道人
ネットワークコミュニティを支える技術とそのアプリケーションの可能性 _ P2PそしてAd-hoc Network Computing 株式会社アンクル

代表取締役
斎藤 隆之
P2Pネットワークにおける、相互認証システム ジェーシーエヌ株式会社

代表取締役
杉山 彰


 
   
 













株式会社スカイリー・ネットワークス 概要
 
http://www.skyley.com/






















本社所在地: 東京都品川区東大井5-11-9 芝崎ビル2F
代表者: 代表取締役社長 梅田 英和
設立: 2001年7月3日
資本金: 3,000万円
事業内容: ・無線ネットワークソフトウェアの製品開発販売

・無線ネットワークソフトウェアの開発キット開発販売

・無線ネットワークサーバーの開発販売

・無線を利用した通信サービスの提供

・インターネットを利用した情報配信サービス事業


 
 






 

 
 

このページの最上部へ