PRODUCTS
製品について
DECENTRA Advance
 

基地局やアクセスポイントを設置することなく、無線デバイスを互いに直接通信させ、また周囲のデバイスをデータの中継局としてリレーさせることで通信半径を格段に広げるソフトウェアです。ワイヤレスを搭載したPC、PDA、家電機器などに広く組込んでご利用いただけます。2002年最初のリリースから長い時間かけて改良が施され、2006年に"Advance"へ進化を遂げています。

Ad-hoc nwk

一般的にはまずDECENTRA Advance SDKを用いてアドホックネットワークの特性評価やアプリケーションの試作を行い、用途やターゲットデバイスを絞り込んだ段階で本製品のライセンスを御購入頂く流れになります。

DECENTRA Advanceには次のような特徴があります。

■ハイブリッド型経路制御
DECENTRAを搭載した各端末がデータを転送する経路制御方式として、MANETで検討されているon-demand型とtable-driven型を組み合わせたハイブリッドタイプを採用し、いち早く実用化しています。これによって両者の良さを兼ね備えた極めて柔軟な経路制御が可能になりました。(米国特許取得番号第7,092,391号)

■経路制御関連パラメータの設定
リフレッシュレート、スコープサイズ、経路表エントリーの削除時間など、経路制御にとって重要なパラメータがアプリケーションから変更可能になっています。これによって移動体が多いネットワーク、固定ポイントと移動体が均等に存在するネットワークなど、様々な無線ネットワークに柔軟に対応可能となります。

■IPを自動的に転送しますので、既存のTCP/IPアプリケーションを修正することなく、アドホックネットワーク上で動作が可能です。

■SDKを使うことにより、ルーティングテーブルの参照、 隣接端末の参照、フラッディングアド、アクセス制御といった、アホックネットワーク特有の機能へのアクセスが可能です。

layer

 

 
■概要
動作実績:
・Windows2000、XP
・Linux(VineLinux, Fedora)
・Pocket PC 2003、Windows Mobile 5.0
独自OSで動く機器にも移植可能です。

提供形態:ソフトウェアライセンスによる組み込み端末毎のロイヤリティ方式
記述言語:ANSI準拠C言語
 

■仕様
・コードサイズ :約300KB
・必要ランタイムメモリ :約500KB-1MB
・必要無線帯域 :1Mbps
・経路制御方式 :ハイブリッド型ルーティング
・デフォルトホップ数 :7(ランタイムメモリに応じて増減可能)
・最大ホップ数 :255(固定)
・ヘッダサイズ :71バイト(固定)
・経路スタックサイズ :7(固定)
・デフォルトスコープ数 :5
・1ホップ遅延時間 :1〜20m sec(OSに依存)
・最大隣接数 :16(固定)
・経路制御メトリック :最短ホップ数、最良ネクストホップ、端末プライオリティ
・暗号化通信 :トリプルDES
・無線LANモード :アドホックモード

 

■バージョンアップ履歴

2011/7/20 バージョン 1.4公開

  • Windows7に対応しました。
  • InternetGatewayの配布を終了しました。
  • Linux版(Fedora)の配布を終了しました。Linux版が必要な方は別途ご相談ください。

2011/4/20 バージョン 1.3公開
2010/1/20 バージョン 1.2公開
2009/3/30 バージョン 1.1公開
2006/2/1  バージョン1.0 公開



 
 

*製品カタログはこちらです(PDF
販売価格:別途お問合せください。
お問い合わせ・申込先:sales@skyley.com

 
   
このページの最上部へ