PRODUCTS
製品について
SKWAN Pro
 

SKWAN Proは、LPWA(Low Power Wide Area)ネットワーク向けに設計・開発されたプロトコルスタックです。

「スター型+1段のリピータ」という機器構成で、最大1600台の子機を収容し、TDMA・周波数アジリティ制御によりLPWAでは難しかった大規模・高品質ネットワークを実現します。

お使いのLoRa製品に付属の無償通信ソフトのセキュリティは本当に大丈夫ですか?

AESで暗号化しているだけの通信では不十分です。数年前まではセキュリティなしでの通信も許されましたが、IoTが一般化した現在では盗聴によるプライバシー侵害やリプライアタック、リレーアタックなどのリスクがあり、メーカーも製品の供給責任が問われる時代になりました。LoRa機器に付属のプライベートLoRa通信ソフトは、セキュリティの考慮がほとんどなされておらず、現在では試作・実験以外の用途で使うべきではなくなっています。

SKWAN Proは、独自規格でありながらワイヤレス機器の製品化に必要な通信セキュリティ、通信品質の担保、ファームウェアサポート、オープンで検証可能な通信仕様といった要素を備えており、PoCを終えて商用・量産の検討に移行したプロジェクトに最適なプロトコル・スタック製品となっています。

数々のすぐれた特徴をご紹介

  • TDMA・周波数アジリティ方式を採用
    子機はステーションが発信するビーコンに同期しタイムスロットに従って通信するためパケットロスが発生しません。また周波数をローテーションして利用する「周波数アジリティ」を備えており、混雑した帯域を避けて通信を行います。skwanpro1.jpg

  • 収容台数のスケーラビリティ
    数台から1000台規模まで、アプリケーションを修正したり送信タイミングを微調整することなく、子機接続数を自在に増減できます。

  • リピータが利用可能
    LPWANであっても発生が避けられない電波の不感地帯の対策に、リピータによる1段の中継通信が用意されています。 skwanpro2.jpg
  • 強固なセキュリティを標準サポート
    リプライアタック抑止、メッセージ認証による改ざん検出、鍵更新といった業界標準の完全なセキュリティメカニズムを提供します。プライベートLoRaではセキュリティが考慮されていない製品が非常に多いですが、これからの時代に適切とは言えません。
  • サポート体制の充実
    量産向けの機能検証、品質保証、不具合対応、カスタマイズ等のサポートを継続してご提供しており、安心して商用でお使いいただけます。


ダウンロード

LPWAセミナー資料に詳しい解説がございます。ぜひ合わせてご参照ください。


動作実績

SKWAN Proで動作実績があり、標準品として推奨している無線製品は下記の通りです。

  • LoRa
    • ADRF901(アドバンスドアールエフデザイン)
    • ES920LR(イーゼル)
    • RM-92A (アールエフリンク)
    • Murata Type ABZ LoRaモジュール (村田製作所)
    • LoRaソリューション(ルネサス)
  • IEEE 802.15.4k
    • ML7404 (ラピスセミコンダクタ)
    • Sigfox-15.4K ブリッジ(ラピスセミコンダクタ)
  • IEEE 802.15.4g
    • ADF7023 (アナログデバイセス)
    • MB-RL7023-11(テセラテクノロジー)
 
 

SKWAN Proの汎用性

現在は多種多様な無線通信規格が乱立しており、どれか一つを選択することにはいリスクを伴います。

SKWAN Proは規格に中立なプロトコル・スタックのため、LoRa, IEEE 802.15.4k, BPSK (Sigfox), GFSK, 超狭帯域といった多様なLPWA向け物理層で動作します。

いずれの物理層にも共通の「SKコマンド」が提供されるので、いちどアプリケーションを構築すれば、物理層を変更してもアプリケーションを作り直す必要がありません。

skwan


サポートサービス

お客様所有の各種無線IC、マイコン、無線モジュールへのSKWAN Pro移植サービスを承っております。以下のサービスをご提供しております。

  • SKWAN Proをターゲット環境に移植し、動作確認を行います。SKWAN Proが要求するタイムスロット制御のタイミング精度が許容範囲に収まっているかを厳密に検証いたします。
  • カスタマイズ作業や、カスタマイズに必要な変更箇所・修正方法を検討してアドバイスいたします。
  • ソフトウェアの不具合修正、最新版のご提供など、継続的な保守を提供いたします。


チュートリアル

SKWAN Pro搭載のIoTゲートウェイ「SK Station」とエンドデバイスを使って、センサネットワークを手軽に実現する方法の一例をご紹介しています。詳しくは下記Wikiをご参照ください。

LoRaチュートリアル

 

ソースコード

SKWAN Proは、「SkWAN」というオープンソースの通信スタックをベースにしています。SkWANは以下のGitHubリポジトリで公開しています。

https://github.com/skwan-lpwa/skwan

 
  製品の詳しいご説明・デモ・導入のご相談はメールにて承っております:sales@skyley.com


 
 
このページの最上部へ