Beaglebone Blackとは?

ARM-Cortex A8(32bit Risc Processor)を搭載したカードサイズのコンピュータです。 Linuxの動作が可能で豊富なI/Oが特徴となっています。
http://beagleboard.org/bone

用意するもの

  1. Beaglebone Black(Rev.C)
  2. USBケーブル(ミニBタイプ)
  3. 4GB以上のMicroSDカード
  4. Windows PC

インストールイメージを用意する

LoRa CapeのチュートリアルではCape Managerを利用する都合、Debian 7.9 2015-11-12 4GB SD LXDE for BeagleBoneを使用します。
また、ここではmicro SDの内容をBeagleBone Black内蔵のeMMCフラッシュへ書き込んで利用する方法を説明します。

  1. インストールイメージをダウンロードする
    以下のリンクより"bone-debian-7.9-lxde-4gb-armhf-2015-11-12-4gb.img.xz"をダウンロードします。
    http://beagleboard.org/latest-images
  2. ダウンロードしたイメージを解凍する
    1. 7zipをダウンロードしてインストールする
      http://www.7-zip.org/download.html
    2. ダウンロードしたイメージ(xz形式)を7zipで解凍する
  3. ダウンロードしたイメージをmicroSD cardへ書き込む
    1. Win32 Disk Imagerをダウンロードする
      https://sourceforge.net/projects/win32diskimager/files/latest/download
    2. Win32 Disk ImagerでイメージをmicroSD cardへ書き込む

network-over-USBドライバをインストールする

Windows PCからUSB接続したBeagleBone BlackへSSHでアクセス出来るよう、network-over-USBのドライバをインストールします。
以下のページからUSB Driverをダウンロードしてインストールします。
http://beagleboard.org/getting-started#step2

microSD cardでBeagleBone Blackを起動する

インストールイメージを書き込んだmicroSDでBeagleBone Blackを起動します。

  1. BeagleBone BlackにmicroSD cardを挿入する
  2. BeagleBone BlackのmicroSDスロットの近くにあるS2ボタンを押し続ける
  3. ミニBタイプのUSBケーブルをBeagleBone Blackに挿する
    USBコネクタ付近の4つのLEDが一度全点灯してから、点滅を開始するまでS2ボタンを押し続けます。
    microSDスロットのイメージからからBeagleBone Blackが起動します。
    Windows PCのエクスプローラで"Beaglebone Getting Started"という名称で外部ディスクとしてBeagleBone Blackが認識されれば成功です。
    bbb-externaldisk.png

内蔵eMMCフラッシュメモリへイメージを書き込む

microSD cardのイメージをBeagleBone Blackの内蔵eMMCフラッシュメモリへ書き込みます。
これでmicroSD card無しで自動的に起動します。

  1. ターミナルソフト(Teratermなど)で192.168.7.2へアクセスする
    TeratermのSSH接続で192.168.7.2へアクセスします。
    ユーザIDは"root"、パスワードは無しです。
    teraterm-access.PNG
  2. 現在のイメージのバージョンを確認する
    コマンドラインから以下のコマンドを入力する。
    出力が"BeagleBone.org Debian Image 2015-11-12"である事を確認する。
    $cat /etc/dogtag
    teraterm-dogtag.PNG
  3. /boot/uEnv.txtを変更する
    "cmdline=(中略)init-eMMC-flasher-v3.sh"の行頭の"#"を削除して保存する。
    teraterm-eEnv.PNG

    teraterm-flasher.PNG
  4. BeagleBone Blackを再起動する
    $reboot
    再起動後、自動的にeMMCへの書き込みが開始されます。LEDの点滅が全て停止するまで待ちます。(10分~20分程度かかります)
    LED点滅が停止後、microSDカード、USBケーブルを引き抜きます。

インストールの確認

再度USBケーブルを接続し、Windows PCのブラウザから以下のURLをアクセスします。
beaglebone.orgのページが表示されれば完了です。
http://192.168.7.2
bbb-portal_640.png

参考リンク


添付ファイル: filebbb-portal_640.png 461件 [詳細] filebbb-externaldisk.png 386件 [詳細] fileteraterm-access.PNG 483件 [詳細] fileteraterm-dogtag.PNG 460件 [詳細] fileteraterm-eEnv.PNG 455件 [詳細] fileteraterm-flasher.PNG 470件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-28 (日) 14:07:45 (816d)