SK Range Extenderとは

「SK Range Extender」は、IEEE 802.15.4g/802.15.4eプロトコルのデータを自動的に中継するリピータソフトウェアです。

一般的に920MHz帯は障害物の迂回特性にすぐれ、干渉も少ないため、現在では様々なIoTデバイスで活発に利用されています。しかし実際に住宅やマンション、工場などへ無線機器を設置してみると、安定した通信が行えないエリアが高い確率で発生することが分かってきました。

skrex1

SK Range Extender搭載機器を中間に設置することで、不安定だった既存機器の通信を大幅に安定させることができます。

skrex2

SK Range Extenderの主な特徴

Bルート通信に完全対応

電力会社が提供するスマートメーターBルート通信サービスに対応しています。自宅に導入したBルート対応機器の通信状態が良くない、あるいは、設置場所の関係で全く接続できないという状況に、SK Range Extenderは高い効果を発揮します。

既存機器の変更は不要

中継させたい機器の設定変更、ファームウェア更新などは不要です。SK Range Extenderを中間に置くだけで、自動的に中継動作が始まります(暗号化通信も問題なく動作します)。

最新の通信規格をサポート

サブGHz通信で一般的な「IEEE 802.15.4」に加えて、最新の通信規格「IEEE 802.15.4e」もサポートします。

通信の安定性が向上

電波が全く届かない場面だけでなく、切れたりつながったりを繰り返すような通信の安定化に、SK Range Extenderは大変有効です。

ダウンロード

ご紹介資料のダウンロードはこちらから(2020/9月更新)fileSKRangeExtender_202009.pdf

ソフトウェアの主な仕様

extender

価格・提供形態:別途お問合せください。


添付ファイル: fileextender.jpg 164件 [詳細] fileSKRangeExtender_202009.pdf 441件 [詳細] fileskrex2.jpg 165件 [詳細] fileskrex1.jpg 163件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 履歴 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2023-12-17 (日) 16:52:55